防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

セシウム濃度急上昇 3万3000ベクレルを検出 福島第一

   東京電力は10日、福島第一原発の調査用の井戸から、これまでで最も高い1リットルあたり3万3000ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。4日前は309ベクレルで、濃度が急上昇している。


   1〜4号機の東側には元々、観測用の井戸が3カ所あり、このうち「No.1」の井戸で5月24日に採取した地下水から1リットルあたり50万ベクレルのトリチウム、同1000ベクレルのストロンチウムを検出。以降、東電はこの井戸の東西南北に追加で井戸を掘り、放射性物質の濃度を観測している。


   今回、高濃度のセシウムが見つかったのは、「No.1」の南側に掘り、海から約25メートルの地点にある「1ー2」の井戸。9日に採取した地下水からセシウム134が1万1000ベクレル、セシウム137が2万2000ベクレル検出された。国の定める基準に比べ、134は183倍、137は244倍にあたる。


   井戸設置後に初めて採取した5日の段階では134が99ベクレル、137が210ベクレルで、3日間で急激に値が上昇している。一方、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質は90万ベクレルの横ばいで、セシウムだけ上昇した理由は不明という。


   東電は、海への流出を防ぐため、7月末までに護岸の地盤改良工事を終える予定だが、現時点での流出については「わからない。データを蓄積して分析する」と判断を据え置いている。 

 

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー