防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

関東から近畿で酷暑 館林で39.5℃ 勝沼で39.3℃

 11日も日本列島は猛暑に見舞われたが、気象庁によると群馬県館林で39.5℃、山梨県勝沼で39.3℃など、関東甲信、東海、近畿地方は、各地で40℃近い「酷暑」になった。

 

 特に山梨県勝沼は3日連続で最高気温の観測史上最高記録を更新し続けており、奈良県上北山でも38.3℃と最高記録になった。

 

 このほか、山梨県甲府の38.6℃、三重県桑名の38.5℃、岐阜県多治見と埼玉県鳩山の38.4℃など関東甲信、東海、近畿地方は今週に入って異常高温が続いている。

 

 30℃以上の高温が午後9時過ぎまで続くとの予報が出されている地域もあり、引き続き熱中症への警戒が必要。

 あなたにオススメの記事

メニュー