防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

東京・江東区の解体現場で爆発火災 男性1人がケガ 5000平米を焼失

江東区東陽町のビル解体現場で火災(出張先で火事に遭遇した、くぅ★@ku_starさんのTwitterアカウントより)

 20日午後、東京・江東区の倉庫の解体現場から出火する火事が発生し、これまでに5000平方メートル近くが焼失した。消防が現在も消火にあたっている。

 

 20日午後4時ごろ、江東区新砂1丁目の解体の4階建ての倉庫から爆発音とともに火災が発生。火はたちまち燃え広がり、周辺では勢いよく燃え広がる黒煙で、一時期視界が確保できなくなった。

 

 現在、消防がヘリ1台とポンプ車43台で消火作業を続けている。この火事で、22歳の男性一人が軽いけがをして病院で治療を受けている。

 

 現場は、東京メトロ東西線の東陽町駅から300メートルほど離れたオフィス街の一角で、以前は物流センターとして使われていたが、今年3月から解体工事を行なっているという。

nnn @hanyamokuma

隣のビルからとらえたと見られる火災現場の様子(nnnさん@hanyamokumaのTwitterアカウントより)

森田 真一 @Shinichi_dingo

現場から1キロ以上北西に位置する、清澄白河の小名木川沿いからも黒煙がたちのぼるのが見える(森田 真一さん@Shinichi_dingoのTwitterアカウントより)

 あなたにオススメの記事

メニュー