防災と災害情報のニュースメディア
  • 東日本大震災

人の目線で津波の高さを実感 東北大学がサイト開設

岩手県宮古市田老地区の津波の高さを人の目線から見上げた図(東北大学のプレスリリースより)

   東北大学災害科学国際研究所(仙台市)は、東日本大震災で各地に押し寄せた津波の高さを人の目線から見ることができるサイト「ヒトの目に映る 3.11 津波浸水」を開設した。


   土木学会海岸工学委員会や地球惑星連合などで結成した「東北地方・太平洋沖地震津波合同調査グループ」が全国で津波による浸水の痕跡を調査したデータを活用。Google Earth上に各地点の津波の高さを立体的なバーで表示している。


   東北全体や各地域の広い地図上では鳥瞰的に津波の痕跡を見ることができる他、見たい場所のバーをクリックすれば、人間と津波の高さを一緒に表示した画面に切り替わり、人の目線から見上げるように津波の規模を確認できる。


   同研究所は「インターネット上で、東日本大震災の津波の高さ・恐ろしさを実感してもらえれば」としている。

 

 

 あなたにオススメの記事

メニュー