防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

拉致相の北朝鮮包囲網「ベトナム訪問は調整中」官房長官

 北朝鮮による日本人拉致問題解決に向けて、北朝鮮と国交のある各国との関係強化を図っている古屋圭司拉致問題担当相が、26日にベトナムを訪問すると一部に報道された件で、菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、スケジュールについては調整中との状況を明らかにした。

 

 古屋拉致問題担当相は、拉致問題解決に向けて、北朝鮮と国交のある国々を訪問して協力を要請する、いわゆる「北朝鮮包囲網」とでも言うべき外交を展開しており、11日にはモンゴル訪問を終え、記者団に対し、「(拉致問題に)全面的に協力するとの答えをもらった」などとエルベグドルジ大統領との会談の成果について述べている。

 

 こうした「北朝鮮包囲網」外交の一環として、今度は26日にベトナムを訪問するとの報道について、菅官房長官は会見で、「古屋大臣の具体的な今後の出張についてはまだ決まっていない。現在調整中というのが現状」とする一方で、「いずれにしろ、拉致問題解決のために、ありとあらゆる手段を講じるために関係国と連携しているということは事実」と述べ、「北朝鮮包囲網」外交を今後も展開させる方針であることを示した。

 あなたにオススメの記事

メニュー