防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

消費増税 「9月9日発表のGDP2次速報で判断」官房長官

 来年4月の消費税率引き上げについて、菅義偉官房長官は22日午後の記者会見で、9月9日に内閣府から発表される四半期別(4〜6月)GDP速報(2次速報)が判断基準との認識を明らかにした。

 

 これは記者から、安倍首相が消費増税について「4〜6月の数値見て秋に判断する」と述べたことの真意について質問されたのに答えたもので、「(GDP速報の)2番目の方の数値が確か秋にあるので、そういう数字を見た上で判断するということだと思う」と述べ、4〜6月期GDPの2次速報が増税の判断基準と明示した。

 

 内閣府が発表する四半期別GDP速報の1次速報は8月12日公表予定だが、2次速報は9月9日に公表される予定になっている。

 

 また菅官房長官は、「財政健全化のために消費税引き上げは必要だが、経済のダメージが大きくなるおそれがある。結果的に消費税を引き上げて経済の腰を折ってしまってはいけない。そういうことで非常に総理は慎重に、秋にさまざまなことを見ながら判断するという言い方だと思う」と述べ、消費税率引き上げに慎重な姿勢を強調している。

 あなたにオススメの記事

メニュー