防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風18号発生 マリアナ諸島近海から沖縄の南めざす 気象庁

提供:気象庁

 9日午後9時ごろ、マリアナ諸島近海で熱帯低気圧が台風18号に発達したと気象庁が発表した。現在、時速20キロで北西に向かって進んでいる。

 

 台風の中心気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心から半径110キロ以内では、風速15メートル以上の強風が吹いている。

 

 台風は24時間後のあす午後9時にはフィリピンの東に到達し、来週12日には沖縄の南まで進むと見込まれており、気象庁が今後の動向について注視している。

 

◼︎日本付近に影響を及ぼす台風の位置については、ハザードラボ「台風マップ」で随時、情報を更新しています。9

 あなたにオススメの記事

メニュー