防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

大型ハリケーン「イルマ」米国に上陸直前!背後に「ホセ」も続く

米フロリダ州南部に接近中のハリケーン「イルマ」と、その東で発達中の「ホセ」(NASA/NOAA)

 日本時間10日正午現在、大型ハリケーン「イルマ」は、今夜にも米南部フロリダ州に上陸する見込みで、現地では米軍も出動して最大級の厳戒態勢が敷かれている。

 

 米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ハリケーン「イルマ」は10日正午現在、中心気圧933ヘクトパスカル、最大風速54メートル。

 

 勢力は、5段階のうち3番目に強い「カテゴリー3」に引き下げられたが、依然として強い状態を保ったまま、キューバから北西に向けて時速10キロでゆっくり進んでいる。

 

 ハリケーンは今夜にもフロリダ州南端部のキーズに上陸し、そのままジョージア州、アラバマ州、ミシシッピ州に進むと予測されており、進路にあたる各地では厳重な警戒態勢を敷いている。

 

 イルマが襲来したカリブ海諸国では23人の死者をはじめ、3000万人以上が被災したと推測されているが、危機は去ったわけではない。

 

 すでに、カテゴリー4の新たなハリケーン「ホセ」が発達しながらプエルトリコ近海を北西に向かって進んでいるからだ。

 

 米海洋大気庁(NOAA)の気象衛星がとらえた観測画像を見ると、「ホセ」は「イルマ」と似た進路をたどりながら、週明け以降に進路を北東に変えるものと予測されている。

ハリケーン

米国立ハリケーンセンターが発表したふたつのハリケーンの位置(NHC)

カリブ海

カリブ海の島々に被害をもたらしたハリケーン「イルマ」(UNOCHA)

 あなたにオススメの記事

メニュー