防災と災害情報のニュースメディア
  • 軍事

中国軍機の列島線通過「関心持っている」と中国へ表明

中国軍のY-8早期警戒機(撮影: M Radzi Desa)

 24日に中国軍の早期警戒機が初めて、中国側が「第1列島線」と呼んでいる沖縄本島と宮古島の間の公海上を通過し、太平洋側まで飛行したことについて、菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、中国に対し昨日、「わが国としては関心を持っている」と表明したことを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「確かに公海上の飛行でした。国際法上の問題はないと政府も考えており、特段の抗議は行ないませんでしたが、昨日外務省から(中国)政府に対しては、わが国としては関心を持っていると表明させてもらった」と、中国側に対し外交ルートを通じて対応したことを説明した。

 

 また菅官房長官は、「政府としては尖閣諸島周辺を含む東シナ海において、わが国の領土、領海、領空を守るという観点から、引き続き厳正に対応していきたい」との姿勢を改めて表明している。

 あなたにオススメの記事

メニュー