防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

ケネディ新駐日大使「大統領と極めて近い」官房長官

新駐日大使に指名された故ケネディ大統領の長女 キャロライン・ケネディ氏(撮影: Martyna Borkowski)

 新しい駐日大使として起用が正式に決定した故ケネディ大統領の長女 キャロライン・ケネディ氏について、菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、「オバマ大統領と極めて近いと聞いている」などと述べ、歓迎の意を表明した。

 

 同会見で菅官房長官は、「キャロライン・ケネディ氏はオバマ大統領の厚い信頼を得ているとうかがっているし、今回の指名はオバマ政権の日米同盟を重視する姿勢を表していると政府として高く評価したい」と述べた。

 

 さらに記者からケネディ氏の外交経験の浅さや日本との関係の薄さについて質問されたのに対し、「オバマ大統領と極めて近いと聞いていますよね。やはり大使の役割というのは、直接大統領に伝えられるかどうかというのは極めて大きい」と述べ、同氏の外交経験の少なさを差し引いても、オバマ大統領との太いパイプが日米外交にとって有利との見方を示している。

 あなたにオススメの記事

メニュー