防災と災害情報のニュースメディア
  • 感染症

徳島県でマダニ感染症(SFTS)「ペットの犬からうつる」国内初

マダニは種類によって噛み傷が異なる(上:フタトゲチマダニ、下:タカサゴキララマダニ )(提供:馬原アカリ医学研究所/徳島県)

 マダニから感染し、重症化すると出血や意識障害などを起こして死亡する場合もある「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症したペットの犬から、飼い主が感染したと徳島県が10日発表した。犬からヒトへの感染が確認されたのは、国内では初めて。

 

 県によると、感染したのは40代の男性で、今年6月に飼い犬が発熱や血便などの症状が現れたため、動物病院を受診したところ、SFTSだと判明。その後、男性も同様の症状で体調を崩し、血液検査の結果、SFTSに感染していたことが明らかになった。

 

 国内では昨年夏にも西日本在住の50代の女性が、衰弱した野良猫を保護しようとして噛まれ、SFTSに感染して死亡した例が報告されているが、徳島県の男性は飼い犬に噛まれておらず、犬の看病でウイルスに汚染された唾液や体液に直接触れて、感染した可能性があるという。

 

 国立感染症研究所によると、過去4年間に国内で感染が確認された患者数は303人。今年は74人が感染し、このうち6人が死亡している。感染者は西日本が中心で、徳島県でも2013年以来、23人の患者が確認されている。徳島県では、保健所に専用の電話窓口を設置して予防方法などについて相談を受けている。

マダニ

マダニは人の血を吸うと3〜15倍に膨れる(提供:馬原アカリ医学研究所/徳島県)

SFTS

国内で確認された感染例。年々、増加している(提供:国立感染症研究所)

 あなたにオススメの記事

メニュー