防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

ゴルフ練習ネット「ボール突き抜け壁に穴!」強度不足が判明 自主回収へ

ネット通販のAmazonやYahoo!ショッピングで販売したゴルフ練習用ネットの強度不足が判明(国民生活センター)

 大手インターネット通販サイトで販売したゴルフの練習用ネットを試したところ、ボールがネットを突き抜けて民家の壁を破損した事故を受け、国民生活センターが調査した結果、強度が不十分であることが判明した。販売元のグレスが自主回収を決めた。

 

 リコールの対象となるのは、千葉県の輸入雑貨店グレスが、昨年11月から今年9月までAmazonやYahoo!ショッピングで販売した中国製の大型練習用ゴルフネット(税込2万7800円〜)。

 

 国民生活センターは今年7月、「練習用ネットを組み立てて使用したところ、ボールがネットを突き抜けて、住宅の壁を破損した」という消費者からの相談を受け、新品を使ったテストを実施。

 

 このネットは、長さ3メートルの金属製ポールを柱にして、天井部分と三方向を壁にした構造で、ネットがロープで柱に固定されている。奥側だけはネットが二重に吊り下げられていて、その内側にはターゲットの的が床から90センチの高さに吊られている。 

 

 テストでは、趣味でゴルフをする50代の男性モニターにボール100球をドライバーで打って練習してもらったところ、100発中4球で6カ所に穴が開き、このうち2球は二枚のネットを同時に突き抜けたという。

 

 同センターによると、この製品のようなゴルフ練習用ネットには、強度や耐久性に関する規格や基準がなく、周囲の人や住宅に当たって事故につながる危険性があることが判明した。販売元は、これまでに販売済みの82個については自主回収を行い、代替品購入費用の負担を行うと発表した。

 

【この件に関する問い合わせ先】

グレス 電話:0436-67-1260

ゴルフ

強度テストの様子(国民生活センター)

ゴルフ

ドライバーで100発打って、6カ所穴が開いた(国民生活センター)

 あなたにオススメの記事

メニュー