防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

今週末ふたたび台風襲来か?米軍の予測がショック!

今週末にもふたたび台風がやってくるかもしれない(米軍合同台風警報センターJTWC)

 列島各地に大雨と暴風をもたらした台風21号は、今夜にも東北沖で温帯低気圧に変わり、北海道の東の海上に抜ける見通しだが、ミクロネシアのカロリン諸島近海で発生した熱帯低気圧は、あす(24日)以降、台風に変わって週末ふたたび日本列島に接近する見通しだと、米軍の合同台風警報センター(JTWC)が発表した。

 

 合同台風警報センターとは、米海軍と空軍が、太平洋からインド洋海域で発生する台風や熱帯低気圧を監視する組織で、気象庁とも連携している。

 

 同センターの予測によると、カロリン諸島近海でけさ発生した熱帯低気圧はあす以降、台風へ変わり、北西方向に進みながら勢力を強めて今週末にも沖縄の南大東島付近に到達し、その後は放物線を描くように進路を北寄りに変えて、本州の南に接近するおそれがあるという。

 

 赤道周辺の海面水温は現在も高い状態が続いていて、上昇気流が発生しやすい状態が続いている。今後も台風の動向には注意してほしい。

 

■台風の最新情報は、ハザードラボ「台風マップ」で随時更新しています。

台風

気象庁は23日時点では、熱帯低気圧の動向予測を発表していない(気象庁)

気象衛星

気象衛星ひまわり8号の観測画像(気象庁)

 あなたにオススメの記事

メニュー