防災と災害情報のニュースメディア
  • トピック

富士山頂に迷い犬 飼い主が連れ込む?

痩せ細った富士山頂の迷い犬(Megumi Mush Uedaさん撮影/Facebookより)

   富士山頂で迷い犬とみられる痩せた犬が登山者らに目撃され、話題になっている。24日には、動物保護団体と静岡県・御殿場保健所が捕獲ゲージを設置し、保護に乗り出した。


   動物保護団体「RJAV被災動物ネットワーク」によると、15日に登山者から「山頂に迷い犬がいる」との情報が寄せられ、ネット上でも、山小屋で働くMegumi Mush UedaさんがFacebookに痩せた犬の姿を投稿するなど、話題になっている。


   犬は茶色の中型犬で、雑種とみられる。首輪はしておらず、あばら骨が浮き出るほど痩せている。登山者から餌をもらうなど人に慣れた様子だが、いつから山頂にいるかは不明。飼い主が連れてきて、はぐれた可能性があるという。28日現在、まだ捕獲されていない。


   ペット同伴登山を禁じるルールはないが、RJAVは「富士山頂は通常より空気が3分の2程度の薄さ。ペットにとっても適正な環境ではありません。ペット同伴の登山は、動物を危険にさらし、逃げた場合の保護体勢がありませんのでやめて下さい」と呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー