防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

東アジア杯 韓国の日本批判横断幕「非常に遺憾」官房長官

 昨日のサッカー東アジアカップ男子の日韓戦において、韓国側応援席に「歴史を忘却した民族に未来はない」との横断幕が掲げられた問題について、菅義偉官房長官は29日午前の記者会見で「今回のような横断幕が掲げられたことは極めて遺憾」との所感を明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「FIFA(国際サッカー連盟)では応援時に政治的主張を行なうことを禁じており、事実関係を確認しているところ。FIFA、JFA(日本サッカー協会)に事実関係を今、確認中で、事実関係が確認できた段階で、FIFA規約なども踏まえて、適切に対応していきたい」と述べている。

 

 サッカー東アジアカップでは、女子の日韓戦の際にも同様な横断幕が持ち込まれようとしたが、事前に察知され、未然に防止されている。

 あなたにオススメの記事

メニュー