防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功「再生医療への応用加速」

一括大量製造されたミニ肝臓の電子顕微鏡画像(提供:日本医療研究開発機構)

 横浜市立大学と複数の民間企業の合同グループは、ヒトのiPS細胞を使って、肝臓の元を作るのに必要な3種類の細胞の作製方法を開発し、小型化したミニ肝臓の大量製造に成功した。ミニ肝臓を移植した肝不全のマウスは、生存率が大幅にアップすることが裏付けられた。

 

 臓器移植のニーズが年々増大する一方、ドナー臓器の供給は絶対的に不足しており、肝臓移植を待つ間に命を落とす患者の数は、毎年数千人以上いると考えられる。

 

 従来の方法では、血管などの元となる細胞を作るには、へその緒や骨髄から採取する必要があったが、横浜市立大の谷口英樹教授らの研究グループは、京都大学の山中伸弥教授らが確立させた日本人の免疫に適合するiPS細胞を使って、3種類の細胞の作製技術を開発。

 

 複数の民間企業との連携体制のもと、特殊な培養プレートを開発し、小型化した肝臓の作製を試みたところ、血管などの機能が備わった立体的なミニ肝臓の大量作製に成功した。

 

 この肝臓を、免疫不全のマウスの体内に移植した数日後には血管化した肝臓組織が作られ始め、タンパク質の分泌や薬剤代謝機能などを発揮することが判明。さらに肝不全を発症するマウスへ移植した結果、高い治療効果があることが裏付けられた。

 

 研究グループは、「今回開発した技術で、肝臓病患者に対する再生医療が実現できれば、従来よりも100倍以上のスケールアップが可能だ」として期待を寄せている。なおこの研究成果は、米科学誌『セルリポーツ』電子版に6日掲載された。

ミニ肝臓

肝臓の元を作るのに必要な3種類の細胞は、従来はへその緒や骨髄から採取。今回、iPS細胞から作る技術の開発に成功した(提供:日本医療研究開発機構)

ミニ肝臓

重い肝不全マウスに移植したミニ肝臓の治療効果(提供:日本医療研究開発機構)

 あなたにオススメの記事

メニュー