防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

火山性地震が一時的に急増した白山 気象庁が見解しめす

11月29日に火山性地震が急増した白山(気象庁)

 

 石川県と岐阜県にまたがる白山では先月29日、火山性地震の発生回数が300回を超えて急増したが、その夜以降は減少しており、気象庁は6日、「現時点で活発化するようすはない」と発表した。

 

 白山では先月29日午前3時ごろから、山頂の御前峰(ごぜんがみね)付近直下を震源とする火山性地震が急増し、この日だけで370回の地震が観測された。

 

 しかし、その夜以降は減少し、30日からきょう午後3時までの1週間で発生した火山性地震の合計は39回にとどまっている。山頂付近は厚い雲に覆われていることが多いが、監視カメラの画像では噴気は見えず、低周波地震や火山性微動も観測されていないという。

 

■国内の火山の最新情報は、ハザードラボ「火山マップ」でご確認ください。

 あなたにオススメの記事

メニュー