防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

3時のオヤツ?「ドーナツ食べよ」老人が小学生誘う その距離800m 練馬区

「パンケーキ食べよう」だったら成功していたかもしれないが、絶対について行っちゃダメ!(イメージ画像/AC)

 東京・練馬区で7日午後、下校途中の小学生の女の子が、面識のない老人から、通りすがりに突然「ドーナツ食べに行こう」などと誘われたとして、警察に届け出があった。ちょうど「3時のオヤツ」の直前だった。

 

 7日午後2時50分ごろ、練馬区貫井5丁目の住宅街で、自宅に帰る途中だった女子小学生に、老人が近づき、「一緒にドーナツを食べに行こう!」と声をかけられた。小学生は「知らない人にはついていきません」と断ったため、無理強いはされなかったが、帰宅後に怖くなって110番通報したという。

 

 目撃者によると老人は、70〜80歳くらいの男性で、痩せており、上下ともグレーの服装を着ていて、「今まで見たことがないおじいちゃん」だったという。

 

 現場は、区立小学校近くの住宅街で、最寄りの「ミスタードーナツ」がある西武線の富士見台駅前までは800メートル近く歩かなければならない。そのうち新手の「パンケーキを食べに行こう」と声がけする人物も現れる可能性があるが、絶対について行かないで欲しい。



【問合せ先】練馬警察署 03-3994-0110(内線2812)

 


■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

メニュー