防災と災害情報のニュースメディア
  • 救助

米国史上最悪の山林火災 燃えさかる火の中 青年が小さな命を救った(動画)

カリフォルニアの山林火災で、青年が救った生き物は?(The DodoのYouTube動画より)

 米カリフォルニア州南部で発生した山林火災は8日現在も、終息するようすがなく、焼失面積がますます拡大している。そうしたなか、サンフランシスコ郊外のハイウェイで、激しく燃える火の海から、一匹の小さな野生生物を救った青年の行動が注目を集めている。

 

 この映像は今月7日、ロサンゼルスからサンフランシスコへ通じるカリフォルニア州道1号線、通称ハイウェイ1号を走っていた車の運転手が撮影したもの。

 

 海岸沿いを走るハイウェイ1号線は、火の海がすぐそばに迫るなか、逃げるように車が高速で走り去っていく。そこへ突然路肩に止まった車から男性が飛び出し、何かを追いかけて火の中に走り寄っていく。

 

 

 車中から異常に気づいた撮影者は思わず「あいつ、正気か?何やってるんだ、危ないぞ!」と叫んだ。

 

 男性は腰を屈めるようにして、「おいで、こっちにおいで」と言いながらその生き物に近づくも、怯えてパニックを起こした動物は、燃え盛る火の中に飛び込んでいく。

 

 もうだめだ!男性は両手で頭を抱え、その場で地団駄を踏んで絶望していたが、次の瞬間、動物が自分の方に戻ってくるのに歓喜した。しっかりとつかみ、抱き上げたのは、生まれたばかりの小さな小さな野ウサギだった!!

 

 この動画を撮影した運転手は、救出した男性にインタビューを試みたが、断られ、その後、地元のローカルメディアに動画を提供。あっという間に動画が拡散され、男性の行動を称える声が多い一方で、「無謀だ」と責める人も少なくないという。すでに今回の山林火災では19万人の住民が避難し、逃げ遅れて火災に巻き込まれた家畜の馬が数十頭死亡したという報告も寄せられている。

 あなたにオススメの記事

メニュー