防災と災害情報のニュースメディア
  • 外交

「日中は切っても切れない関係」官房長官

 外務省の斎木昭隆事務次官が中国の王毅外相ら中国側要人と会談したことを受けて、菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で「(日中関係は)切っても切れない関係」と、これまでとはややトーンの違うニュアンスともとれる認識を示した。

 

 同会見で菅官房長官は、斎木事務次官と王毅外相との会談の内容について、「現下の日中関係について幅広く、そして真剣で率直な意見交換をできた」との報告を斎木次官から受けたことを説明するとともに、日中首脳会談あるいは日中外相会談の開催については、「具体的には現時点では何も決まっていないと考えている」と述べた。

 

 さらに菅官房長官は「日中関係は最も重要な二国間系の一つであって、隣国だからこそ様々な問題が生じるが、切っても切れない関係。双方(それを)認識してお互いに努力していく中で戦略的互恵関係を大事にするというのは両国間にとって必要なこと」と、これまでよりやや前向き?ともとれるニュアンスで、日中関係の重要性を強調している。

 あなたにオススメの記事

メニュー