防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

世界の異常気象速報 東北~中国地方で「大雨」など10カ所

 気象庁が31日発表した全球異常気象監視速報によると、7月24日から7月30日の1週間に発生した世界の異常気象は東北~中国地方で「大雨」など10件。

 


 7月24日~7月30日に発生した世界の異常気象・気象災害は以下のとおり。

 


【大雨】東北~中国地方
 東北・北陸・中国地方にかけての日本海側では、前線の影響を受け、福井市で、24日~30日の7日間降水量が216.0ミリに達した。(7月の月降水量平年値は233.4ミリ)
 内閣府によれば、この大雨、洪水や土砂災害による死者・行方不明者は合わせて4人。

 


【高温】九州~中国大陸中部
 九州~中国大陸中部にかけて暖気が流入し、宮崎市では、25日の平均気温が平年値より4℃高い31.6℃に達し、最高気温は37.2℃になった。
 また、中国上海市では、平均気温がしばしば平年値より5℃高い34℃に達し、25日~26日と29日の日最高気温が39℃になった。

 


【少雨】沖縄・奄美~中国大陸東部・南部
 沖縄・奄美~中国大陸東部・南部にかけて、低気圧や前線の影響を受けにくく、鹿児島県名瀬市では、この30日間の降水量が0.0ミリ(※)だった。(7月の月降水量平年値は202.4ミリ)
 また、中国湖南省の長沙では、この30日間の降水量が10ミリ未満だった。(7月の月降水量平年値は130.1ミリ)

 


【低温】中国南部沿岸部
 中国広東省の広州では、25日~26日の日平均気温が平年値より3℃低い26℃を下回り、26日と29日の最低気温は24℃を下回った。

 


【大雨】中国北部
 中国政府によれば、中国北部の大雨により40人以上が死亡した。

 


【高温】ウズベキスタン及びその周辺
 ウズベキスタン及びその周辺では、暖かい高気圧に覆われ、ウズベキスタンの首都タシケントでは、27日~28日と30日の日平均気温が平年値より3℃高い32℃に達し、29日~30日の日最高気温は42℃になった。

 


【高温】ヨーロッパ中部
 ヨーロッパ中部では、暖かい高気圧に覆われ、チェコ共和国の首都プラハでは、28日の平均気温が平年値より9℃高い29℃に達し、28日の最高気温は37℃になった。

 


【少雨】ヨーロッパ中部及びその周辺
 ヨーロッパ中部及びその周辺では、低気圧や前線の影響を受けにくく、先週に引き続き異常少雨となった。ハンガリーの首都ブダペストでは、この30日間の降水量がほとんどなかった。(7月の月降水量平年値は56.8ミリ)

 


【高温】アラスカ
 北アメリカ大陸北西部では、暖かい高気圧に覆われ、米国アラスカ州のフェアバンクスでは、29日の平均気温が平年値より8℃高い24℃に達し、最高気温は31℃になった。

 


【低温】米国中部及びその周辺
 米国中部及びその周辺では、上空の寒気の影響を受け、米国ウィスコンシン州のミルウォーキーでは、28日の平均気温が平年値より8℃低い15℃を下回り、最低気温は13℃を下回った。

 

 

(※)脚注の「0.0ミリ」とは、降水現象はあったが降水量が0.5ミリに満たなかった場合です。

 あなたにオススメの記事

メニュー