防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

新燃岳「未明に巨大爆発」あいつぐ 噴煙4500m 警戒範囲拡大(動画)

10日午前4時ごろの新燃岳(高原町の中武利仁さんが撮影 Twitterアカウント@Toshihito_Nakaより)

 新燃岳では10日未明に爆発的噴火が相次ぎ、噴煙は最高で4500メートル上昇し、噴石が火口から1800メートル下に飛散するなど、噴火活動が活発化している。気象庁はけさ、警戒が必要な範囲を火口から約4キロに拡大した。

 

 新燃岳では、昨夜6時ごろから山体が隆起する地殻変動が続いている。10日午前1時54分の爆発的噴火では、噴煙が火口から4500メートル上昇。この後に続いた午前4時27分の噴火でも、大きな噴石が飛び散って、火口から1800メートル下の斜面に落ちていくのが確認されている。

 

 火山性地震は24時間で200回を超えており、地下の浅いところを震源とする低周波地震も引き続き発生している。

 

 火山地質学を研究している群馬大学の早川由紀夫教授は、けさ新燃岳から西南西方向に2.5キロ離れた霧島市の新湯展望台からドローンを飛ばし、火口内を撮影。今月6日に火口内に出現した溶岩が火口の縁からあふれているのを確認した。(早川先生のツイッターより)

 

 

 気象庁は、火口から約4キロまで大きな噴石が、約2キロまで火砕流が到達するおそれがあるとして、警戒範囲をこれまでの約3キロから約4キロまで拡大した。

 

◼︎新燃岳など国内の火山の現状は、ハザードラボ「火山マップ」でご確認ください。

早川

現場で観測を続ける群馬大学の火山学者、早川由紀夫先生のツイッターより

 あなたにオススメの記事

メニュー