防災と災害情報のニュースメディア
  • 防災知識

首都高が開通50年 ”高齢化”への取り組み

​ 首都高速道路は20日、最初の区間が開通してから50年を迎えた。

首都高は東京、神奈川、埼玉、千葉にまたがり、総延長約300キロのうち5割の区間で開通から30年以上経過。

09年時点でコンクリートのひび割れなどの補修が必要なのは約9万7千カ所で、02年の3倍近くとなっており、対策を迫られている。

 首都高速道路株式会社は有識者による「首都高速道路構造物の大規模更新のあり方に関する調査研究委員会」を設置。補修を続けるより作り替えた方がコスト的に安くつく可能性も含めて議論が交わされており、年内にはとりまとめが行われる予定。

 同社の菅原秀夫社長は19日、開通50年の記念展示会の式典で「メンテナンスにさらに力を入れ、安心して利用してもらえるよう目指す。国、東京都と密接に連携して老朽化対策に努めたい」とあいさつした。

 あなたにオススメの記事

メニュー