防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

景気動向指数7ヶ月ぶりに下降 内閣府

一致指数の推移(内閣府景気動向指数 平成 25 年6月分の概要より引用)

 内閣府が6日発表した景気動向指数の6月分(速報値)によると、CI(コンポジット・インデックス)は先行指数が前月比3.7ポイント減の107.0、一致指数が前月比0.8ポイント減の105.2で、ともに7ヶ月ぶりに下降となった。遅行指数は前月比0.5ポイント増の110.6で2ヶ月連続上昇となっている。

 

 しかし同指数を3ヶ月後方移動平均で見た場合は、先行指数は0.27ポイント増で7ヶ月連続の上昇、一致指数も0.26ポイント増で7ヶ月連続の上昇、遅行指数は0.40ポイント増で5ヶ月連続の上昇となり、内閣府では「景気動向指数(CI 一致指数)は、上方への局面変化を示している」として、前月に引き続き景気は回復局面にあるとの判断を示している。
 
 

 あなたにオススメの記事

メニュー