防災と災害情報のニュースメディア
  • 歴史

サウジアラビアの砂漠で9万年前の人類の「指の骨」を発見!

サウジアラビアの砂漠から9万年前の人類の骨が見つかった!(Michael Petraglia)

 サウジアラビア北部の砂漠で、約9万年前の人間の化石化した指の骨が見つかった。ドイツ・マックスプランク研究所などの国際調査チームは、人類の祖先がアフリカからどんなルートでユーラシア大陸に渡ったかを突き止める新たな手がかりにつながるとして、期待を寄せている。

 

 手指の骨が見つかったのは、アラビア半島北部内陸に位置するネフド砂漠だ。マックスプランク研究所学で先史人類学を研究している考古学者マイケル・ペトラグリア教授らの調査チームは、アル・ウスタという場所で長さ3.2センチほどの指の化石を複数発見した。

 

 従来の学説では、アフリカで誕生した人類の祖先が、集団で大陸間を移動し、世界各地へ拡散を初めたのは、いまから5〜6万年前ごろだと考えられている。

 

 調査チームは、最新技術を使って、骨にレーザーで小さな穴をあけて、年代測定した結果、定説より2万年以上さかのぼる8万8000年前の化石であることが判明した。発見場所の周辺からは、古代人が作った多くの石器のほか、カバや淡水カタツムリなどの化石も見つかっており、それらの年代も9万年近く前だとわかった。

 

調査チームは、かつてはここに淡水湖があり、青々とした緑が生い茂る草原だったと推測したうえで、「人類の祖先は、これまで考えられていたよりもずっと早くアフリカから大移動を始めたのかもしれない」と指摘している。

 

 現在は見渡す限り砂漠が広がるアラビア半島だが、古代には1万近い湖があったことが人工衛星の観測画像の解析で判明している。ペトラグリア教授は、「人類の祖先は古代湖周辺の草原地帯に生息した獲物の動物を追いかけてアフリカから移動してきたのかもしれない」と話している。

 

 また見つかった指の化石は、成人のものである可能性が高いが、何万年もの間、乾燥した環境で風化しているため、DNAが残っていない可能性が高く、男女どちらのものかはわからないという。

骨

ホモ・サピエンスの指の骨は、ネアンデルタール人の指より長くて細いという(© Ian Cartwright)

砂漠

周辺からはカバや淡水に住む生物の骨も見つかっており、かつては淡水湖があったことがわかった(© Klint Janulis)

 あなたにオススメの記事

メニュー