防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

汚染水対策「東電に任せずスピード感もって」安倍首相

原子力災害対策本部会議であいさつする安倍晋三首相(首相官邸HPより引用)

 政府は東京電力福島第一原発の汚染水対策について、国費を投じて支援していく方針を固めたが、安倍晋三首相は7日の原子力災害対策本部会議であいさつに立ち、「東京電力に任せるのではなく国としてしっかり対策を講じる」と述べ、国が主導権を持って汚染水対策に臨む姿勢を強調した。

 

 福島第一原発の汚染水対策については、5月末に政府の汚染水処理対策委員会で、「凍土方式の遮水壁」を作ると決定したことを踏まえて、経済産業省が遮水壁建設を支援するための費用を予算化、2014年度予算の概算要求に盛り込む方針。

 

 この汚染水対策について安倍首相は、「特に汚染水問題は、国民の関心も高く、対応すべき喫緊の課題。東京電力に任せるのではなく、国としてしっかりと対策を講じる」と述べるともに、茂木敏充経済産業相に対し、「経済産業大臣は、スピード感をもって、東京電力をしっかり指導し、迅速かつ確実に重層的な対策を講じていただきたい」と対応を加速化させるよう指示した。

 あなたにオススメの記事

メニュー