防災と災害情報のニュースメディア
  • 火山

バヌアツ・アオーバ島 2度目の緊急事態「全島民避難せよ!」(動画)

現地時間11日の大爆発(撮影:Orsbon Smith )

 火山活動が激化するアオーバ島に対して、バヌアツ政府は13日、緊急事態を宣言し、全島民を島外脱出させると決めた。マナロ・ヴォイ火山は、昨年秋に噴火活動が活発化したのち、数カ月間は沈静化していたが、3月以降、連日のように爆発が続いている。今回は10月に続く2度目の避難だ。

 

 オーストラリアの北東沖に位置するアオーバ島では、昨年9月に火山活動が活発化。バヌアツ国家災害管理局(Geo-Hazards Department)が警戒レベルを危険度が2番目に高い4に引き上げたのを受けて、1万1500人の全島民が近隣の島や本土へ避難したが、今年1月までに全員帰島している。

 

 しかし先月以降、再び噴火活動が激化し、昨年を上回る火山灰が連日降り積もり、酸性雨によってコーヒーやココヤシの農園は全滅し、家畜も相次いで死亡している。

 

 今月5日の爆発では、2015年のチリ・カルブコ火山の噴火以来、最大規模となる量の有毒な二酸化硫黄が放出されたと、米スミソニアン協会の「全地球火山活動プログラム(GVP)」が報告している。

 

 

 アオーバ島行政の長、ベヌエル・ガレー氏は12日、「島はもはや生物が安全に生活できる場所ではない。深刻な大気汚染で、井戸水は枯れ果てた。国家が救助の手を差し伸べなければ、全島民が死んで、やがて無人島になるだろう」と訴えた。同国政府は13日の閣僚会議で緊急事態を宣言し、全島民の脱出避難を正式に決定した。

 

 前回は、約10日間で、1万1500人を近隣諸島に移転させるために、第二次世界大戦中に英国軍が40万人の兵士をフランスから脱出させた作戦を手本に、ボートから漁船まであらゆる船を総動員させる手段を選んだが、今回は被害が深刻な地域に住む妊婦や子供、高齢者や病人を優先的に、秩序ある方法で避難させるとしている。

前回の避難

前回の避難のときは、こんな小舟にすし詰め状態で逃げたという(Dan McGarry/Vanuatu Daily Post Buzz 96FM)

コペルニクス

欧州の地球観測衛星コペルニクスがとらえた今月9日の噴火。火口のマグマが赤く光ってみえる(Copernicus EU/ESA)

 あなたにオススメの記事

メニュー