防災と災害情報のニュースメディア
  • 事故

テロの可能性不明 ナイロビ国際空港火災

火災で黒煙のあがるケニア・ナイロビ近郊のジョモ・ケニヤッタ国際空港

 7日午前5時ごろ(現地時間)、ケニアの首都ナイロビ近郊のジョモ・ケニヤッタ国際空港(JKIA)で大規模な火災が発生し、大きな黒煙が上がった。

 

 空港当局によると火災にともない空港内にいた人は全員退避させたとのことで、警察もこれまでのところ、死傷者はないとしている。

 

 これにともないJKIAは無期限に閉鎖され、空港再開のめどは立っておらず、周囲の道路も閉鎖されている。

 

 ナイロビは15年前の1998年に米大使館に対する大規模な自爆テロ事件が発生しており、今回の一連のアルカイダのテロに対する米国の警戒情報でもテロの可能性がある場所としてピックアップされているが、現在のところ火災の原因は調査中とのことで、テロとの関連性は不明。

 

 またこの火災について、外務省も海外安全ホームページにスポット情報を掲載して、注意喚起をしている。

 あなたにオススメの記事

メニュー