防災と災害情報のニュースメディア
  • リコール

パルシステムの薬用歯みがきなど28万8000個 原料が規格外 ヱスケ―石鹸

パルシステム向けに作られた歯みがき2種(パルシステムHPより)

 独立行政法人「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」は、ヱスケ―石鹸が製造した薬用歯みがきに使われている原料「硫酸塩」が医薬部外品として認められる濃度を超えていたとして、約28万8000個を自主回収すると発表した。

 

 自主回収の対象となるのは、ヱスケ―石鹸(東京・北区)の川口工場が2016年3月〜今年3月にかけて製造出荷した「パルシステム薬用歯みがき」や「ドクターアパハミガキ」などの薬用歯みがき5品、計28万7979個。

 

 PMDAによると、原料のハイドロキシアパタイトの純度試験を行ったところ、硫酸塩の濃度が規格外であることが判明したことから、自主回収を決定した。通常、歯みがきはすすいでから吐き出すため、1日3回使用し、すべて飲み込んで体内に取り入れたとしても、健康被害を引き起こす可能性は低く、これまでに被害報告はないという。

 

 ヱスケ―石鹸は「出荷先は特定できているので、速やかに自主回収の連絡を行う」としており、出荷数が最も多いパルシステムでは、注文した組合員約4万人に回収を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー