防災と災害情報のニュースメディア
  • 防犯

寺への道を聞かれて「仲良くやっていこう」白髪男が少女に告白?中野区

見知らぬおじいさんに「仲良くやっていこう」と言われても困るだけである(イメージ画/編集部)

 今月15日、東京・中野区で小学生の女の子が、初老の男から道を聞かれ、答えたところ「仲良くやっていこう」などと交際を求められたとして、警察に通報が寄せられた。

 

 不審な老人が目撃されたのは、15日午後4時40分ごろ。中野区南台4丁目付近を通行中の女子小学生に近づき「近くにお寺はありますか?」と尋ねた。女の子が「この辺のお寺は知らない」などと答えると、男は急に親しげな口調になり、「仲良くやっていこう」などと交流を求めたという。

 

 女の子が、今後も話しかけられることを恐れて戸惑っていると、男は会話を止めて「急いでいるからもう行くね」と言って、その場から立ち去ったという。女の子に触れたりすることはなかった。

 

 男は年齢60〜70歳くらい、身長160センチ前後、中肉体型で、髪の毛は白髪交じり、水色の長袖シャツを着て、青いジーンズを履いていたという。現場は、京王線「笹塚駅」から北へ400メートルほど離れた区立小学校周辺の住宅街。

 

【問い合わせ先】中野警察署 03-5342-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事

メニュー