防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

8年間行方不明の小惑星 16日に地球に最接近!サッカー場大(動画)

ジャンボジェット機より大きな小惑星が今朝地球に最接近していた(NASAイメージ画)

 2010年に米国の観測チームが発見して以来、8年間ずっと行方不明だったサッカー場くらい大きな天体が、日本時間16日朝、地球に最接近していたことが明らかになった。

 

 再発見された迷子の天体は、米アリゾナ大学の小惑星探査チーム「カタリナ・スカイサーベイ」が2010年11月に発見した小惑星「2010 WC9」だ。

 

 追跡開始から11日目に行方不明になった小惑星は、今月8日、アリゾナ州のテナグラ天文台とイタリアの観測チームによって地球から73万キロの距離まで近づいているのが見つかった。

 

 

 天体の直径は推定38〜119メートル。ジャンボジェット機の全長より長く、サッカー・フィールドの長さとほぼ同じ。

 

 テナグラ天文台によると、この小惑星は日本時間16日午前7時5分、地球から月までの距離の約半分にあたる20万キロまで最接近したのち、無事に通過していった。

 

 同天文台とコネチカット州のスロー天文台の観測チームが、地球に最接近する直前の小惑星の撮影に成功している。

 

 

NASA

地球から月までの約半分の距離の軌道を通過した小惑星「2010 WC9」(NASA/JPL-Caltech)

 あなたにオススメの記事

メニュー