防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

宇宙ステーション補給機「こうのとり」ドッキング成功

ISSへドッキングした「こうのとり」/写真 ファンファンJAXAより

 国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を補給するため4日に種子島宇宙センターから打ち上げられた宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機は、10日午前3時38分、ISSとのドッキング作業に成功した。

 

 4日に宇宙へ打ち上げられた「こうのとり」は、9日午後8時22分にはISSのロボットアームによってキャッチされていたが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるとドッキング作業は「ミッションの大きな山」であり、それを無事に乗り越えた。筑波宇宙センターの管制室では「管制要員一同と成功の喜びを共有することができました」とのこと。

 

「こうのとり」には水や食料、交換部品、実験用のマウスの精子のほか、11月にISSに出発する若田光一さんとの会話実験に使用される「会話のできる小型ロボット」など、合計5.4トンの荷物が積み込まれている。今後、物資の移送作業を終えると、「こうのとり」はISSから分離して再び大気圏へ突入し、地球への帰還を進めていく予定だという。

 あなたにオススメの記事

メニュー