防災と災害情報のニュースメディア
  • 生物

「ここ23階!」超高層ビルをよじ登るアライグマ 一躍、英雄に(動画)

高層ビルをよじ登るアライグマ(Tim Nelson)

 米ミネソタ州で12日、25階建ての超高層ビルをよじ登るアライグマが目撃され、約20時間後の13日に屋上に到着し、無事捕獲された。

 

 スパイダーマン顔負けのアライグマが現れたのは、ミネソタ州の大都市セントポールにそびえる25階建ての「UBSプラザビル」。

 

 現場近くのミネソタ・パブリック・ラジオ(MPR)のスタッフが12日、高層ビルの外壁に張り付いた小動物を発見、SNSで拡散するうちに、全米中の人びとが見守る大騒動になった。

 

 

 アライグマは時折、窓枠に張り出した幅の狭い桟(さん)に体を横たえて休憩したり、ビル内で心配そうに見守る人びとのようすを観察したりと余裕綽々。むしろ見物人のほうが「もう見てられない」「動物保護センターは何やってるんだ!(怒)」とヤキモキしていたが、高層ビルの場合、窓ははめ殺しのため、内部から手出しすることはできず、時間ばかりが過ぎていった。

 

 

 発見されてから約20時間後の13日午前3時ごろ、ようやくコンクリートの断崖絶壁を登り終えたアライグマは、「セントポール・アニマル・コントロール」の野生動物保護官が設置していたワナで捕獲され、キャットフードと水を与えられた。

 

 

 このアライグマは、実況中継していたラジオ局の名前を冠した「MPRraccoon(MPRアライグマ)」と名付けられ、一躍ヒーローになり、まもなくグッズ展開を始めるというからオドロキだ。

 

アライグマ

壁のくぼみで一息つくアライグマ(Tim Nelson)

眠る

こんな狭い窓枠で眠りこけるアライグマ(Tim Nelson)

 あなたにオススメの記事

メニュー