防災と災害情報のニュースメディア
  • 医療技術

鳥インフル広東省で初の感染患者発生

鳥インフルエンザ(H7N9)ウイルスの電子顕微鏡写真(提供元: 国立感染症研究所)

 中国南部 広東省の衛生庁は10日、同省で初の鳥インフルエンザ(H7N9)の感染者を確認したと発表した。

 

 同庁のホームページによると、9日に広州医科大学第一病院に収容された女性(51)について、10日午後に鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス陽性であることを確定したとしている。

 

 この女性は現在重体だが、日常的に家禽のと殺業に従事していたことが分かっている。

 

 これで10日までの鳥インフルエンザA(H7N9)の確定感染例は、中国国内の2市10省での135人と、台湾での1人(中国国内で感染)の合計136人で、うち43人が死亡している。

 あなたにオススメの記事

メニュー