防災と災害情報のニュースメディア
  • 歴史

防災歳時記8月16日15倍になった温暖化スピードと「うながっぱ」

多治見駅前にある温度計を持った市のマスコットキャラクター「うながっぱ」の看板

 今から6年前、2007年(平成19年)の今日8月16日、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で日最高気温が40.9℃に達し、国内での観測史上最高気温となった。

 

 この、本当はあまりありがたくもないであろう記録を記念し、多治見市ではなぜか「うながっぱ」という市のマスコットキャラクターが発表された。

 

 多治見駅前には温度計のついたうながっぱの看板があり、「うながっぱ祭」や「うながっぱパッパソング」、「うながっぱバス」や「うながっぱ釜めし」まである。

 

 いや、本題は「うながっぱ」の話じゃない。

 

 この時に破られた、それまでの最高記録は1933年に観測された山形県山形市の40.8℃。

 

 つまり最高気温が0.1℃上がるのに74年もかかったということだ。

 それが、11日に高知県四万十市の41.0℃にあっさりとチャンピオンの座?を明け渡した。

 

 今度は40.9℃から41.0℃に、同じく0.1℃上がるのにかかった歳月はわずか6年。

 

 単純に考えれば、日本最高気温記録が0.1℃上がるために要する時間は、前回記録更新より約15倍も早くなっている計算になる。

 

 今年の『酷暑列島』は、東京で30.4℃という134年間の観測史上最高の最低気温?という、至って分かりにくい記録が樹立されたのを始め、史上最多の猛暑日地点記録など、あまり「ありがたくない記録樹立」のオンパレード。

 

 いささか「異常気象」と「気候変動」が不安にもなる今日この頃だ。

 

 不安といえば、冒頭の「うながっぱ」、多治見市では2007年以来、「日本一暑い町」として観光誘致活動を精力的に行ってきた。

 

 前例を考えれば、「あと70年ぐらいは持つ」と「とらぬ狸の皮算用」をしたかどうかは分からないが、あっさりと「王座」を奪われた今、うながっぱの行く末もまた案じられる。

あっさりと「日本一暑い町」のタイトルを高知四万十市に奪われた今、うながっぱの行く末が心配される(うながっぱ公式サイトより引用)

 あなたにオススメの記事

メニュー