防災と災害情報のニュースメディア
  • 政治

官房長官が靖国参拝しない理由「大局的観点で判断」

 終戦記念日の今日午前、安倍内閣の閣僚は、新藤義孝総務相、古屋圭司国家公安委員長が私人として靖国神社に参拝したほか、安倍晋三首相は代理人を立てての「代理参拝」として、「自民党総裁」の名前で玉串料を奉納した。

 

 これに対して靖国参拝をしない菅義偉官房長官は、15日午前の記者会見で、靖国参拝しない理由について記者から質問され、「大局的観点に立って判断している」と述べた。

 

 さらに記者から、「(大局的観点の)中には中国、韓国など周辺国の反応も入っているのか?」と聞かれたが、「今、私が言ったことに尽きるんだろうと思う」と述べ、言明を避けた。

 

 安倍内閣では閣僚の靖国参拝について、「個人の信教の自由に関する問題」として関知せず、政府としては参拝すべきとかすべきではないとは言わない方針としている。

 あなたにオススメの記事

メニュー