防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

北海道など北日本で非常に激しい雷雨に注意

 気象庁は16日午後、大気の状態が非常に不安定なため、北海道など北日本では夜にかけて雷をともなった非常に激しい雨が降る見込みだとして、浸水や土砂災害、河川の増水・はん濫などに注意を呼びかけている。

 

 気象庁によると北日本の上空約5500メートルには、氷点下9℃以下の強い寒気が入り、日射による気温の上昇が加わって、大気の状態が非常に不安定になっているとのこと。

 

 このため、北海道では現在も、1時間に60ミリを超える非常に激しい雨が降っており、北日本では、夜のはじめ頃にかけて局地的に1時間に60ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。

 

 17日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、北海道が100ミリ。

 あなたにオススメの記事

メニュー