防災と災害情報のニュースメディア
  • IT

地上5000メートルの噴煙 桜島噴火の瞬間 RT速報

地上5000メートルに達する噴煙を噴き上げる桜島(茨木直樹@ibarakinaokiさんtwitterアカウントより引用)

 観測史上最高の地上約5000メートルまで噴煙を噴き上げた桜島の爆発的噴火は、大量の降灰をもたらし、一夜明けた鹿児島市内は、営業をとりやめる店舗が出ているほか、農作物への被害も懸念されている。

 

 ネット上でも、この記録的な噴火の話題が持ち切りで、噴火の瞬間をとらえた画像に注目が集まっている。

 

 

「桜島、噴火なぅ。 」茨木直樹@ibarakinaoki

 

 

 噴火から23分後の18日午後4時54分に掲載されたこのつぶやきには19日午後1時30分現在、7957件のRT(リツイート)数が集まっている。

 

 鹿児島地方気象台によると、今回噴火した「昭和火口」は今から7年前の2006年に58年ぶりに活動を再開した火口で、地上5000メートルにまで噴煙が達する規模の噴火は2000年10月以来とのこと。

 

 同気象台では、すぐに大噴火につながる兆候はないとのこと。

 あなたにオススメの記事

メニュー