防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

福島第一 汚染水もれ 深刻度レベル判定をIAEAと協議

 東京電力福島第一原発の地上タンクから約300トンの高濃度汚染水が漏えいしている問題で、国際原子力・放射線事象評価尺度(INES)による深刻度の判定について、原子力規制委員会は、下から2番めの「レベル1」(逸脱)と暫定評価しているが、21日の会合で、これを2段階上の「レベル3」(重大な異常事象)に、評価を引き上げるべきか否かについて、国際原子力機関(IAEA)とも協議を行なう方針を決めた。

 

 この問題について、原子力規制委員会は当初の情報から19日の段階で「レベル1」(逸脱)の暫定評価を行なっている。

 

 しかし、その後の東電の報告から、漏えいした汚染水の量や放射能濃度をもとに換算すると、漏れた放射性物質の総量が数千テラベクレルに及んでおり、また問題の施設には安全防護層がないことなどから、改めてINESの基準に照らして評価した場合、深刻度は「レベル3」(重大な異常事象)に該当する。

 

 一方で、今回の漏えいが発生したのは、原子力事故の収束に向けて応急措置として作られた施設であり、「多重防護」などの安全設計思想のもとに作られた原子力発電所を対象にしたINES評価を適用することが「適正な評価」として妥当なのか、との考え方もある。

 

 このため同会合では、国際社会に対して正確な情報を発信していく観点からも、IAEAと連絡をとるなどした上で、レベル評価を確定させる方針を決定したもの。

 あなたにオススメの記事

メニュー