防災と災害情報のニュースメディア
  • 地震

首都直下型地震で水門など90%に故障の可能性 東京都

 東京都は26日、首都直下地震が発生した場合に都内の水門や下水処理施設など151か所中、136か所で故障が生じる可能性があると発表した。


 今年4月、都は首都直下地震の被害想定の最大震度を6強から7に引き上げた。それに合わせて再度シミュレーションをしたところ、38か所の水門などで扉が閉まらなくなったり、ポンプが動かなくなったりし、98か所の下水処理施設も耐震化が必要だと判明した。また隅田川などの堤防でも損傷か所が発生する可能性があるという。


 都では管理する河川や港湾、下水道関連施設の耐震化を進めており、10年間かけて耐震化を完了する予定となっている。

 あなたにオススメの記事

メニュー