防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

「タンク汚染水漏れは廃炉作業の根本的問題」官房長官

 東京電力福島第一原発の地上タンクで高濃度の汚染水が漏えいした問題で、菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、同問題は廃炉作業上の根本的問題との認識を示し、財政措置も含め、政府として積極的に対応するよう茂木敏充経済産業相に指示していることを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、地上タンクからの汚染水漏えいに関して、「極めて遺憾。今回の漏えいは、これまでの地下水の汚染の構造的な問題とは異なって、タンクの管理をしっかり行ってこなかったことに大きな問題があるのではないかと考えている」と人為的ミスを指摘し、「高濃度汚染水の安全な貯蔵は廃炉作業の根本的なことであって、早急な原因究明や再発防止策の実施が適切に行われるように国としても一歩前に出て取り組んでいく」との姿勢を明らかにした。

 

 さらに、「政府としても抜本的改革に向けて可能なことは最大限実施する」として、茂木経産相に財政措置も含め対応を指示したことを明らかにするとともに、今日行われる茂木経産相の福島第一原発視察を受けて、経産省として方針を決めるだろうとの認識を示している。

 

 また長引く福島第一原発の放射性物質漏えい問題が、オリンピックの東京招致に影響するのではないかとの懸念に対しては、「外務省経由で各大使館への説明や英語のホームページなどで情報提供を適切に行っているので、言われているような影響はない」と述べている。

 あなたにオススメの記事

メニュー