防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

4日にかけて激しい雷雨 今日も竜巻に注意

 明日4日にかけて西日本から北日本にかけての広い範囲で雷をともなった激しい雨が降り、局地的には「非常に激しい雨(1時間に60ミリ)」が降る見込みで、気象庁では土砂災害に警戒し、河川の増水、低い土地での浸水、落雷、竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけている。

 

 気象庁によると、本州付近に停滞する前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいる一方で、上空約6000メートルには氷点下6℃以下の寒気が入り込んでおり、明日4日にかけては西日本から北日本の広い範囲で大気の非常に不安定な状態が続くとしている。

 

 このため、4日にかけて西日本から北日本にかけての広い範囲では、雷をともなった激しい雨が降り、局地的には1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、4日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、四国地方が200ミリ、九州北部(山口県を含む)、九州南部、近畿地方、北陸地方、東北地方で120ミリ、中国地方で100ミリとなっている。

 

 昨日(2日)は千葉県・埼玉県で竜巻による被害が出ているが、今日から明日にかけても昨日と同様の気圧配置が続くため、落雷や竜巻などの激しい突風に対する注意が必要。

 

 気象庁では、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に務めるよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー