防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

汚染水対策 凍土壁など470億円国費投入決定

 政府は3日午前、原子力災害対策本部を開催し、東京電力福島第一原発の汚染水漏えい問題について、政府が前面に立って根本的な解決を図るとして、凍土方式の遮水壁建設などに470億円の国費を投入する対策方針を決定した。

 

 同方針について菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、「緊急性があって、また技術的に難易度の高い対策が必要であったので、政府としては前面に出て取り組む必要があるとの思いで、財政措置を進めていくことにした」と述べた。

 

 国費470億円の主な内訳は、凍土方式の遮水壁建設費が320億円、これにともなう高性能の放射性物質除去装置が150億円の合計470億円で、2013年度予算の予備費210億円も活用する方針。

 あなたにオススメの記事

メニュー