防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

安倍首相「汚染水完全にブロック」発言で質疑かみ合わず

 安倍晋三首相が国際オリンピック委員会(IOC)総会で、「汚染水の影響は完全にブロックされている」などと発言したことについて、10日午前の菅義偉官房長官の記者会見は、記者からの質問と菅官房長官の回答がかみ合わず、やや「迷走状態」に。

 

 同会見で菅義偉官房長官は、汚染水の影響が完全にブロックされている理由について、改めて福島第一原発の専用港湾に設置されたシルトフェンス(汚染水拡散防止用フェンス)による効果と、そのシルトフェンス内でも放射性物質が基準値を下回っていることを説明。

 

 しかし記者からの質問の意図を解釈すると、その問題意識は以下のとおり。

 

「日々、大量の汚染水が海洋に流出しているはずなのに、シルトフェンスの内側でも放射性物質の濃度が低い理由は何か?」

 

 つまり質問の焦点は、まさに菅官房長官が安全の根拠としている「シルトフェンスの内側ですら基準値以下」という現象が発生する理由だ。

 

 常識的に予想される理由は、①海洋に流出している汚染水の量や濃度がシルトフェンス内側の濃度を上昇させるほど多くない、もしくは②シルトフェンスと外洋の間で大量の海水が行き来しているため、いくら汚染水が流れ込んでも外洋からの海水で薄められて基準値以下にとどまっている、の大きく2つだろう。

 

 ①ならいいが②なら、汚染水が外洋に「だだ漏れ」ということで「大問題」だ。

 

 記者は、重ねて「シルトフェンス内側の濃度が低い理由を政府はどう認識しているのか?」と問いただすが、菅官房長官は「シルトフェンスの内側ですら基準値以下」を繰り返し、質疑は平行線。

 

 福島第一原発では毎日のように汚染水流出のニュースが発信され、危機感をつのらせている一方で、シルトフェンスの内側の放射性物質の濃度は極めて低いとの説明。では汚染水はどこへ行ったのか?

 

 「シルトフェンス内側では高い濃度が検出されているが、シルトフェンスにより防護されており、外洋での放射性物質の濃度は極めて低い」という状況の方が、むしろ分かりやすかったか。

 あなたにオススメの記事

メニュー