防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

東電幹部の「汚染水コントロールできていない」は首相発言と矛盾せず

 民主党が開いた会合で、東京電力の幹部が、福島第一原発の汚染水問題について、「今の状態はコントロールできていない」と発言し、民主党から安倍晋三首相が国際オリンピック委員会(IOC)総会で述べた事実と異なるなどと批判が出ている問題について、菅義偉官房長官は13日午後の記者会見で、東電幹部の発言は、安倍首相の発言と矛盾していないとの認識を示した。

 

 問題となっているのは民主党が福島県郡山市で開いた会合で、東電の山下和彦フェローが発言した内容で、「想定していることはコントロールできているが、想定していないことが起きている。それは事実で、申し訳ない」との主旨。

 

 これに対して菅官房長官は、発言内容について東電から確認しているとした上で、「想定していないこと」とは、「貯水タンクから汚染水が漏えいしているなど個々の事象」を指したもので、何回か厳しく問いつめられて「コントロールできていない」と発言したと聞いていると述べた。

 

 さらに菅官房長官は、こうした個々の事象が発生していることは事実だが、政府が前面に立ち、汚染水問題に関する基本方針に基づいて対策を予防的・重層的に講ずることにより汚染水の影響が外洋に及ばないようにしていくということなので、安倍首相の「汚染水の問題はコントロールされている」との発言と、今回の山下氏の認識に矛盾はないと説明している。

 あなたにオススメの記事

メニュー