防災と災害情報のニュースメディア
  • 気象

台風18号 16日に東日本太平洋側に接近のおそれ

 気象庁によると、13日に発生した台風18号は14日午前6時には日本の南を西北西に進んでおり、このままの予想進路を進んでいくと16日(月)には東日本太平洋側に接近するおそれがある。

 

 台風18号は、1時間に約20キロの速さで西北西に進んでおり、中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の北東側560キロ以内と南西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 

 台風18号は今後次第に勢力を強め、15日にかけて暴風域を伴いながら日本の南を北上し、16日午前3時には紀伊半島沖を中心に半径330キロの円内に達する見込み。

 

 また、近畿地方から東北地方にかけての太平洋側では、台風接近に先行して暖かく湿った空気が流れ込むため、15日から16日にかけて局地的に猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁では、西日本から東北地方の広い範囲で大雨に対する警戒を呼びかけている。

 あなたにオススメの記事

メニュー