防災と災害情報のニュースメディア
  • 経済

「高卒内定率85%」この10年間で最高値 岩手

 岩手労働局がまとめた職業紹介状況によると、今年3月に卒業を迎える新規卒業者の就職内定率(11月末現在)は85%となり、過去10年間で最高値となった。


 発表によると求職者3,443人中、内定者は2,927人。県内への就職は61%で、県外への就職は39%。内訳は製造業33%、卸売り小売業14%、建設業14%、宿泊・飲食11%、医療・福祉8%となっている。


 同局の担当者は「22年3月までは県外への就職が伸びていたが、企業と連携して優秀な人材を県内に残そうとしてきた成果が出始めている。また内定率の向上には、復興需要や平泉などの観光需要が大きく影響している」と話している。

 あなたにオススメの記事

メニュー