防災と災害情報のニュースメディア
  • FUKUSHIMA

賠償資金の交付3兆円突破 原子力損賠機構から東電へ

   東京電力は24日、福島第一原発事故の賠償資金として、原子力損害賠償支援機構から追加で741億円の交付を受けたと発表した。交付は20回目で、計3兆円を突破した。


   10月末までに支払う不動産や家財道具などの賠償金が、これまでに受け取った額を上回る見込みになり、東電が8月に追加交付を申請していた。


   今回の交付で、機構から東電が受け取った合計は3兆483億円になった。原子力損害賠償法に基づく補償金1200億円を含めると、総額3兆1683億円となる。


   賠償は機構が一時的に肩代わりする形で交付され、将来的には東電が返済する。政府は機構から東電への交付枠について、これまでに約3兆7890億円を認可している。

 

 あなたにオススメの記事

メニュー