防災と災害情報のニュースメディア
  • 宇宙

三鷹駅が太陽ならジブリ美術館は木星 13億分の1の太陽系を体感

三鷹駅を太陽とすれば、約1.2キロ離れた三鷹の森ジブリ美術館は木星と土星の間ぐらいになる(撮影: Kentaro Ohno)

 地球の直径を1センチとして、太陽が「三鷹駅」にあるとしたら、太陽系の大きさは?

 

 天文台のある町、東京・三鷹市では「13億分の1の太陽系」を実感してもらおうと、21日から「みたか太陽系ウォーク」を開催している。

 

 ちなみに地球は太陽(三鷹駅)から130メートルほどしか離れていない「駅前郵便局」あたり。

 

 約1.2キロ離れた井の頭公園にある「三鷹の森ジブリ美術館」は、木星と土星の間ぐらいに位置する。

 

 太陽系で最も遠い惑星「冥王星」は約5.4キロ離れた荻窪駅近く。

 

 太陽を三鷹駅だとすれば、三鷹市全体がすっぽりと太陽系におさまる。

 

 この縮尺だと、今や太陽から約187億キロ離れ、太陽系外に脱出した米NASAの「ボイジャー1号」のいる場所は、なんと三鷹駅から15.4キロ離れた東京港区の広尾あたり。(ボイジャー1号は「みたか太陽系ウォークラリー」と何も関係なく、興味本位に計算してみただけだが)

 

 「みたか太陽系ウォーク」の各「天体エリア」には、スタンプを用意したお店や施設があり、スタンプ100個で「林忠四郎賞」(太陽系形成理論を創案した天体物理学者)として、「太陽系ウォークオリジナル手ぬぐい」がもらえるとのこと。

 

 暑さも峠を越えた今日この頃。マップを手にして、家族で「宇宙の広大さ」を体感してみるのもいかが?

 

 「みたか太陽系ウォーク」は10月27日(日)まで。

 あなたにオススメの記事

メニュー