防災と災害情報のニュースメディア
  • 製品・サービス

「koboイーブックストア」岩手を知る特集ページ 楽天

 楽天は11日、岩手県の7市町村と連携して「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治)、「一握の砂・悲しき玩具」(石川啄木)など東北に縁のある図書を選定。それらをまとめた特集ページを「koboイーブックストア」内に設置したと発表した。

 これは「楽天ふるさとプロジェクト」の一環で、読書を通じて岩手県の様々な取り組みや文化を、若者へ伝承することを目的としている。特集ページには、「市町村別推薦図書」13冊、「岩手に縁のある書籍」8冊、「岩手が舞台の書籍」8冊、「復興支援に関する書籍」8冊などがまとめられている。ちなみに楽天では、地域に焦点をあてた特集ページを設置するのは初めてのこと。

 また特集ページの設置に併せて、岩手県の大船渡市、釜石市、紫波町、陸前高田市、大槌町、平泉町、田野畑村の成人式などで1644名に電子ブックリーダー「kobo Touch」も配布する。

 なお、これら施策は楽天と岩手県が地域活性プロジェクト「まち楽」にて、地域活性への包括連携協定を締結していたことから生まれたという。

 あなたにオススメの記事

メニュー